2014.07.14  日々の諸々 
A.IWAHASHI

延長戦後半、ドイツが絵に描いたようなファインゴールを決めて優勝!

ストライカーなら一度は決めてみたい胸トラップからのボレーシュート。

アルゼンチンのキーパーの左手がほんの少し脇から離れていたらゴールにならなかったかもしれない・・

決定的なチャンスはアルゼンチンの方が多かったのに、決められなかった?

いやいや、決まらなかったと言った方が合っているかも。本当に良い試合だった。

幸運の女神はドイツに微笑んだけど、アルゼンチンは悔しい思いをバネに更に強くなるでしょうね。

試合後、敗者のアルゼンチン選手を映し出していた映像を見て、悔しい思いをヒシヒシと感じました。

中学生だった40年前、映像で初めて見たワールドカップが西ドイツ大会の決勝でした。

その時もドイツが勝ち、ヨハン・クライフが作り上げた新しいサッカーのオランダが惜しくも敗れ・・・悔しいシーンが今回のアルゼンチンとオーバーラップしました。

ドイツのいつも強いイメージがあるように、日本も4年後はそんなチームになって欲しいと願います。A.IWAHASHI

 

 
 
©Copyright 2018 Inspiration Co., Ltd. All rights reserved.