Inspiration株式会社 - » POX理論
2014.07.30  日々の諸々 
エンジニアO
こんにちは。 エンジニアの方のOです。   私たちの会社は、自動車業界のお客様と取引が多いこともあり、 クルマ好きの社員が大勢います。   一方の私はクルマを持っていないばかりか、免許取得以降も専ら助手席ばかり。 もはやペーパードライバーも中堅の域です。     さて皆さん、心理学のお話です。 ハイダーのPOX理論ってご存知でしょうか。  

 P = 自分

 O = 他者

 X = 何らかの対象

  なのですが、  

 P → O

 O → X

 P → X

  の3つの関係を考えます。 それらの関係が、好意的な関係にあるときは「+」、 好意的でない関係にあるときは「−」とします。   この3つの関係の積が「−」になってしまうと居心地が悪く感じるらしく、 3つの積を「+」にしようと無意識のうちに調整能力が働くようです。     理屈っぽい話をすると叱られるので、わかりやすいように例を挙げます。  

 P = 私

 O = 私の好きな異性

 X = Oの好きな音楽

  とすると、  

 P → O : PはOが好きなので、関係は「+」

 O → X : OはXが好きなので、関係は「+」

  ですね。 さあ「P → X」はどうでしょうか。 無意識のうちに「+」であることが多くありませんか? 好きな異性の音楽は好意的に思うことが多いと思います。   なんともありがちなお話ですが、これがPOX理論です。 要は「あばたもえくぼ」や「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」も同様です。     さて、Inspirationとクルマと私の話です。  

 P = 私

 O = Inspiration株式会社

 X = クルマ

  とすると、  

 P → O : PはOで(一応)頑張ろうと思っているので、関係は「+」

 O → X : OはXに精通しているので、関係は「+」

 P → X :

    ・・・。 ・・・。     これからも助手席専門じゃ駄目ですかね、私。  

エンジニアO